券売機はどう処分する?3つある処分方法のメリット・デメリット

公開日:2021/11/24 最終更新日:2021/11/22

券売機はどう処分する?3つある処分方法のメリット・デメリット

「券売機の処分方法を比較したい」

「より良い方法で券売機の処分がしたい」

「券売機処分のメリット・デメリットを知りたい」

飲食店を経営している方で、上記のような券売機の処分に関する疑問を持ったことはありませんか。

今回は、券売機を処分したいと考えている方に券売機の処分方法を3つに分けて、メリット・デメリットを交えながら紹介していきます。

券売機はどう処分する?3つある処分方法のメリット・デメリット

券売機の処分方法とメリット・デメリット

券売機は、粗大ゴミではなく産業廃棄物に分類されるため、自身で処分・廃棄することができません。

そのため、券売機の処分は専門的な業者に依頼する必要があります。

券売機の主な処分方法は以下の3つですので、券売機の処分を検討している方はご参考にしてみてください。

  • ・自治体へ依頼する
  • ・民間の業者へ依頼する
  • ・買取業者へ依頼する
自治体へ依頼する

券売機を処分する1つ目の方法として自治体へ依頼する方法があります。

各自治体では、券売機をはじめとする産業廃棄物の処分方法が指定されているため、その産業廃棄物の処分制度を利用するといった方法です。

自治体のサービスを利用した券売機の処分には以下のようなメリットとデメリットが存在します。

メリット: 簡単に安く処分できる

産業廃棄センターが設備されているなど、産業廃棄における行政サービスが手厚い自治体であれば、自治体へ電話をするだけで、回収業者が来て、処分をしてくれる可能性があります。

このように自治体で処分する方法は、手軽で使いやすいサービスであることが一つのメリットです。

また、産業廃棄センターや回収業者が自身の自治体で運営されている場合、公的資金を使用して処分をするため、処分費用が安くなるというメリットもあります。

手軽でかつ安く処分できる、それが自治体へ依頼する方法のメリットです。

デメリット: 自治体によってサービス内容が違う

一方で、自治体を利用した券売機の処分には、自治体ごとにサービスの内容が違うといったデメリットが存在します。

産業廃棄物の処分サービスが充実していない自治体であれば、自身で処分の手配をする必要も。

自身で券売機の回収を行ってくれる業者を探し、さらに産業廃棄を行う施設へ予約を取るなどといった手間のかかる作業をしなければならない可能性があるのです。

自治体によっては、産業廃棄物回収のサービスが充実しているところもありますが、全ての自治体がそうであるとは限らない点がデメリットと言えます。

民間の業者へ依頼する

券売機を処分する2つ目の方法が民間の業者へ依頼する方法です。

券売機などの産業廃棄物を処分する際、専門の業者を利用して処分する人も少なくありません。

この処分方法にもメリットとデメリットが存在しますので、以下解説していきます。

メリット: 楽に処分できる

民間業者へ券売機の処分を依頼すると、多くの場合、業者が店舗まで出張してくれて、その場で券売機を引き取ってくれます。

電話で日にちと場所を伝えるだけで、あとは業者が処分をしてくれるため手間がかからず非常に楽です。

また、民間の産業廃棄物回収業者は、自治体とは違い営利目的で処分稼業をしているため、非常に対応が早く、素早く券売機の処分を行うことができます。

デメリット: 料金がかかる

民間業者へ券売機の処分を依頼すると、費用がかかってしまいます。

券売機の回収料金は自治体の回収料金よりも高い場合が多いです。

手軽に券売機の処分を済ませることができ便利ではありますが、その分料金がかかる点がデメリットと言えるでしょう。

買取業者へ依頼する

最後に券売機の処分を買取業者へ依頼するといった方法があります。

これは券売機を廃棄するのではなく、商品として買取業者に買い取ってもらう方法のことを指します。

買取業者へ依頼する方法のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット: 収益が出る可能性がある

買取業者へ券売機の買取を依頼すると、収益が生まれる可能性があります。

これは、あくまで買取業者であるため、価値のある券売機には相応の値段をつけて買取をしてくれるためです。

廃棄業者へ依頼すると処分費用がかかりますが、買取業者へ依頼することで費用がかかるどころか、収益まで生まれる可能性があるので、少しでもお得に券売機を処分したい方には大きなメリットではないでしょうか。

デメリット: 業者によってサービスが異なる

買取業者へ券売機の処分を依頼する場合は、業者選びに気をつけるようにしましょう。

業者によっては、買取をするための見積もり手数料などで、細々とした費用がかかる場合もあります。

処分自体には費用はかからなくても他の費用がかさみ、結果、処分をするのと変わらない処分費用となる可能性もあるのです。

無限堂では、無料で見積もりや買取相談をいたしますので、券売機の処分を検討中の方はお気軽にご相談ください。

無限堂の買取と見積もりはこちらの記事で紹介しています。

無限堂の買取・見積もりについて

券売機はどう処分する?3つある処分方法のメリット・デメリット

券売機を処分するなら無限堂へ

券売機を処分するには3つの方法があります。

それぞれの方法にメリットはありますが、買取業者を利用すればコスパ良く券売機を処分できるので特におすすめです。

券売機を買取に出したいという方はぜひ無限堂へご相談ください。

無限堂公式へのお問い合わせはこちら
お問い合わせ・無料査定はこちら!

コラムトップページへ
各店舗のページには専用フォームがあります!

一番高い買取業者として8割のお客様が選択されます。


見積もり依頼方法


一括査定フォーム
お問い合わせ電話番号一覧
お問い合わせメールアドレス一覧


特集

  • 無限堂のSDGs(持続可能な開発目標)への取り組み
  • 無限堂の買取実績一覧
  • 【愛知店】壊れた厨房機器、買い取ります。【厨房機器Reスタート】
  • テレビ放送の特集やCM、新聞記事などの情報です
  • 全国工具買取センター
  • 愛知オフィス館限定豪華景品プレゼントキャンペーン
  • 愛知店の機械工具修理サービス
  • 無限堂ドットネット
  • 大阪店独自 無限堂WEST
  • 厨房買取無限堂
  • 簡単シンプル ぽちっとアンケート
  • 東京で厨房が安く買える隠れ家
  • 厨房買うガールの高く買う厨房カタログ
  • 歴史活劇絵本モッターナイン
  • 超コンパクト素材集16dot
  • 無限堂オリジナルLINEスタンプ
  • 無限堂は低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同しています

その他の言語